出産に向けた陣痛バッグの準備

出産準備に向けて、陣痛バッグ・入院バッグのふたつのバッグを準備しました。
今回は陣痛バッグ用に準備したものを紹介し、役に立ったのかどうか記載したいと思います。役に立つかどうかは人によると思うので、参考までに!

まなこっこ
まなこっこ

ズボラなので、生産期に入る2~3日前に準備したコッコ!
旦那さんは仕事が忙しくて入院中に訪問に来るのが難しいので、洗濯や追加の衣類をお願いすることはないように入院バッグを準備したよ~。

目次

陣痛バッグの準備

バッグの中身

  1. 下着1セット(ブラトップ・産褥パンツ各1枚)
  2. ハンドタオル
  3. マスク
  4. ポーチ(リップや鏡など)
  5. マタニティ用パジャマ
  6. 破水した時用の大きな袋
    ※車で移動したときに破水した場合、シートが汚れるのを防止するため
  7. 歯ブラシ・歯磨き粉
  8. スキンケアセット
  9. 体汗拭きシート
  10. シャンプー・リンス・ボディーソープ
  11. 食料
    ※イオンウォーター・玄米ブラン
     SOYJOY・アーモンドフィッシュ
     蒟蒻ゼリー・バウムクーヘン
  12. 寝姿勢で水分補給する用のストロー
  13. テニスボール
  14. スマホ充電器
  15. 安産お守り
  16. ペン・ハンコ

役に立った!?立たなかった!?

まなこっこ
まなこっこ

陣痛は日程を決めて促進剤で誘発し、幸いにも一回の使用でその日の夜中に上手く出産に至ったので、必要なものは少なかったかも。
陣痛バックの中身で入院最後まで使用しなかったのは、6:破水時用の袋、9:汗拭きシート、12:ストロー だったコッコ!

1.下着1セット

出産予定日になっても陣痛が来ず、結局、促進剤で誘発したので、誘発する朝に産院で、入院服・産褥パンツに着替えて誘発を開始したので、自分で持って行った下着は使うことはなかったです。
ですが、その後の入院中には使用しました。ただ、貰った入院バッグセットの中にも産褥パンツが3枚入っていました。あらかじめ、産院に入院セットに何がついているか聞くと良いと思います。

2.ハンドタオル

歯磨きの後の口元を拭いたり、陣痛中に嘔吐したので、タオルは持って行った方が良いと思います。
ちなみに、タオルには自分の好きな香水を少し付けていきました。普段慣れている匂いをかぐと、気分が和らぐ気がします。

3.マスク、4.ポーチ

マスクはコロナ感染予防のため、産院では着用必須でした。ですが、陣痛中はとてもじゃないけど着用してる場合ではなかったです。いつの間にか、外してました^^;
ポーチはリップや小さい鏡を入れていて、いつもバッグに入れて持ち歩いているものなので、陣痛バッグにも入れていました。

5.マタニティ用パジャマ

前述の通り、陣痛を日程を決めて誘発したため、あらかじめ産院の入院服を着て出産したので、陣痛から出産までの間に自分で持参したパジャマを着ることはなかったです。

6.破水した時用の大きな袋

移動中の車の中で破水すると車のシートが汚れてしまうので、万が一に備えて、お尻の下に敷けるくらいの大きな袋を陣痛バックに入れて用意していました。

7.歯ブラシ・歯磨き粉

微弱陣痛中なら、ご飯の後の歯磨きする余裕があるので、持っていくと良いと思います。また、陣痛中は嘔吐して口の中が気持ち悪くなりました。そのまま出産に至れば、陣痛中に歯磨きしている余裕なんてないけど、もし陣痛が遠のき出産まで時間がかかれば、歯磨きしたくなるかも。

8.スキンケアセット

洗顔、化粧水、保湿クリームを持っていきました。幸運にも、私は夕方から本格的な陣痛がきて、夜中に出産したので、洗顔することはなかったけれど、陣痛が遠のいて、次の日に出産などになれば、少し顔を洗ったりしたくなるのかも。

9.体汗拭きシート
10.シャンプー・リンス・ボディソープ

体汗拭きシートは、陣痛から出産まで長い時間かかり、お風呂に入れない状態であれば、少し体を拭いてさっぱりするのに使えるかも。自分で拭く余裕はないかもしれないけれど、付き添いの人に少し拭いてもらうなどは出来ると思います。

シャンプーセットは、陣痛が遠のいた場合やお風呂の時間帯にまだ陣痛が微弱の場合、シャワーを浴びれるかもしれないです。タイミングがあれば、シャワーしてを浴びておいた方が良いと思います。ちなみに、私が行った産院では出産の翌日からシャワーOKだったので、陣痛バックに一回分のシャンプーセットは入れておいても良いと思います。結局、入院中に使えるので。

11.食料

私は本格的な陣痛がきてからは、食べる余裕は全くなく、水分補給がやっとでした。ただ、食べる余裕がある人は、なんでも良いのでカロリーを摂取した方が良いと思います。私はスムーズに陣痛がきた方だと思いますが、食べることができなかったからか、本格的な陣痛がきてから5時間くらいで ”もう体力がもたない” と感じました。

出産後は空腹と喉の渇きで無気力という感じで、猛烈な眠気がきました。スタッフさん曰く、多くの人は出産後は興奮状態で眠れない人が多いみたいですが、私は気を失うように眠りました^^;

12. 寝姿勢で水分補給する用のストロー

雑誌に寝姿勢で水分補給できるストローが役に立ったと書いてあったので、100均で購入して準備しましたが、結局使用しませんでした。陣痛中はごくごく飲む余裕がなかったのと、白湯が一番落ち着いたので、産院の部屋にセットされていた湯飲みで付き添いの旦那さんに白湯を作ってもらい、口を濡らす程度にちょびちょび飲んでいました。

13. テニスボール

雑誌に、いきみ逃しにテニスボールが役立つと書いてあったので、持っていきましたが、あってもなくても大丈夫でした。ちなみに、私はテニスボールでお尻を押してもらっても、いきみ逃しは一回も上手くできませんでした^^;

ただ、陣痛中に腰を押してもらうと痛みが和らいだので、付き添いの旦那さんにテニスボールで腰を押してもらいまいした。ただ、手で押してもらっても大丈夫でした。旦那さんもテニスボールがあったから、使っただけで、特段便利という訳ではなかったとのことです。

14. スマホ充電器

私は陣痛の間隔測定に陣痛アプリを使用したのと、微弱陣痛中は一人で暇で、動画を観ていたので、充電器がないと、バッテリーが持たなかったです。

これはスマホの使用具合によるので、必要なら持っていくと良いと思います。

15. 安産お守り

あってもなくても良いと思いますが、初めての出産が怖くて、心のよりどころとして持っていきました。

16. ペン・ハンコ

陣痛から出産までの間に使うことはなかったですが、必要書類がある場合は、持っておいた方が良いと思います。出産後は入院中に産院や会社の書類にサインする機会が沢山ありました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代ワーキングママ”まなこっこ”です。当サイトの運営者です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる