予定日超過。陣痛促進剤による出産

予定日を12日も超過し、ついに陣痛促進剤を使用することになりました。金曜日の検診で、月曜日までに陣痛がこなければ、促進剤を使用すると先生に言われ、なんだか精神が不安定になったのか金曜から月曜まで毎日泣いていました^^;

本記事には陣痛促進剤の使用開始から出産までのことを書きたいと思います。

まなこっこ
まなこっこ

幸運にも帝王切開などにはならず、一回の陣痛促進剤の使用で普通分娩となったコッコ!
ちなみに今振り返ると、促進剤の使用当日の早朝から、かなり微弱な陣痛がきてたんだな~。自分の自然の陣痛と薬のお陰で上手くいったんだろうなぁ~

目次

陣痛促進剤について

私が使用した促進剤はプロスタグランジンE2 0.5mg錠です。
これを1時間おきに最大6錠まで服用します。服用の途中で2~3分おきに強い陣痛がくるようになったら、途中で投与を中止します。
なお、スタッフさんの話し方からすると、6錠飲んでも上手く陣痛がこなくて、一度退院し、再度、陣痛促進を試みるケースも結構ありそうな雰囲気でした。

陣痛促進剤の使用開始~出産まで

時間促進剤の使用他の検査/出来事陣痛の様子
9:401錠目服用常時赤ちゃんの心音確認(NST)
10:552錠目服用服用直後に赤ちゃんの心音確認腰が2~3分おきに痛い
痛みは生理痛より少し強いくらい
11:15腰だけでなく下腹部も痛くなってくる
痛みは全然耐えられるくらい
12:363錠目服用痛みがきていないときは
Amazon Primでドラマ観れる余裕有
14:004錠目服用服用直後に赤ちゃんの心音確認
15:005錠目服用
16:006錠目服用
17:00痛みが強くなる
ドラマ観てる場合じゃない
18:10旦那さんの到着痛みが強く、陣痛が来ているときは
腰をマッサージしてもらう
定期的に助産師さんが子宮口確認晩ご飯を食べる気力なし
白米を一口食べたが、嘔吐してしまう
水分は口を濡らす程度に飲むのがやっと
22:00今回は退院して、再入院の可能性を言われる痛みが遠のく
体力がなくなってくる
23:30子宮口3cm
全然開いていないと言われる
体力に限界を感じる
00:10子宮口7cm
急に開いてきた
このままだと産まれるかも!
陣痛は肛門あたりに痛みがきていて、
上手くいき見逃しできず、同時に出血
1:00子宮口全開
分娩室に移動→出産
上手くいきみ逃しが出来ず、
ぽこっとした感触で破水

出産直後の感想

出産直前の最後の陣痛がこの世の終わりかと思うほど痛く、病院中に響いているんじゃないかと思うくらい叫んだのを覚えています。出産前はお昼ご飯までしか食べられず、夕方からは嘔吐し水分もまともに取れなかったからか、絶食状態で体力0の状態で ”これが本当の無気力というやつか”という感覚でした。

子供は少なくとも二人は欲しいなぁと思っていましたが ”冗談じゃない、もう一回とか無理だ”と思いました。世の中のお母さんを本当に尊敬します。

まなこっこ
まなこっこ

この時は、まだ育児の大変さを知らないコッコ。この後、苦痛の入院5日間生活と新生児の育児が待ってた~。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代ワーキングママ”まなこっこ”です。当サイトの運営者です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる