出産準備、育児グッズ最低限用意すべきリスト

出産に向けて最低限用意すべきものをまとめました。

ただ出産後に必要になった場合は、お金を気にせず急いで購入という感じになると思います。後で購入する可能性がありそうなものは事前にどこのお店に売っているか確認したり、ネットでお気に入りリストを作成しておくのがオススメ!

物をあまり持ちたくない人はレンタルも活用するといいです。事前にレンタルショップを調査して、レンタルの仕方や依頼するとどのくらいで配送してくれるかも確認しておくと◎!

まなこっこ
まなこっこ

まなコッコは絶対必要だと思うものを最低限準備し、その他は出産後に必要になった時にネットで購入したよ。

準備は妊娠8~9か月目にネットやお店に行って揃えたよ。生産期(37週目)に入ると、いつ産まれてもおかしくないし、遠出が気軽にできないので、それまでに準備することをオススメするよ!

目次

出産までに最低限用意すべき育児グッズ

沐浴・ベビーケアグッズ

  1. ベビーバス
  2. ベビーソープ・沐浴剤
  3. ベビー用保湿剤
  4. ガーゼ・沐浴布
  5. 綿棒
  6. ベビー用洗濯洗剤
  7. ベビー用爪切り
  8. 体温計
  9. アルコール・手指消毒剤

おむつグッズ

  1. 紙おむつ 1パック
  2. おむつ用ごみ箱
  3. おむつポーチ、おむつ収納ケース
  4. お尻ふき
  5. お尻ふきウォーマー(冬期)

寝んねグッズ

  1. IKEAのベビーケアマット(ショートサム)
  2. バスタオル 3~5枚
  3. ブランケット・ベビー用毛布(冬期)

肌着・ウエア

  1. 肌着 5枚
  2. ロンパース 3枚(冬期)
  3. おくるみ

授乳グッズ

  1. 乳頭ケアクリーム
  2. 授乳用ブラ
  3. 新生児用哺乳瓶1本
  4. 衛生管理グッズ
  5. 夜間授乳用ランプ

おでかけグッズ

  1. チャイルドシート(産院から自宅を車で移動する人)
  2. 新生児対応抱っこ紐(産院から自宅を電車・バスで移動する人)

出産までに最低限用意すべき育児グッズ詳細

-具体的にどんなものを買った?購入時のポイントは?-

ベビーバス

まずどこでお風呂に入れるか考えましょう。蛇口のあるところがいいと思うので、お風呂場、洗面台、キッチンのシンクなどが良いかと思います。どこでお風呂に入れるのが良いか、パパや他にお風呂に入れてくれる人とも相談しながら決めてください。

場所が決まったら、その場所に収まる大きさのベビーバスを買いましょう。

空気を入れるタイプのベビーバスなら、小さくできるので、里帰り出産などする人は便利だと思います。

我が家はリッチェルふかふかベビーバスという空気を入れるタイプのベビーバスを購入し、生後2か月頃までキッチンのシンクで入れていました。リッチェルのふかふかベビーバスですが、途中で穴が開いてしまったので、二つ目を購入しました。折りたたむことがない人などは、穴あきの心配がないプラスチックタイプのベビーバスでも良いかもしれません。

ベビーソープ・沐浴剤

初めて、生まれて間もない赤ちゃんの沐浴をする時に便利なのが、お湯に入れて混ぜるだけの沐浴剤。ベビーソープを使わなくても体の汚れを落とすことができ、すすぎや上がり湯の必要がありません。お風呂に入れるのが慣れない内は、沐浴剤がオススメです。

ただし、沐浴剤は洗浄効果が弱いです。汚れなどがひどい場合にはベビー石鹸を使いましょう。新生児のうんちは水っぽいので、落ちにくい汚れが付くことはあまりないと思いますが!

また、赤ちゃんは生後一か月頃に皮脂の分泌がピークになります。脂漏性湿疹なども出てくると思うので、そうなると、沐浴剤からベビーソープに変えるのをオススメします。

我が家では、赤ちゃんの皮膚が一皮むけた(新生児落屑)後くらいに、おでこがテカテカしてきたタイミングで、沐浴剤からベビーソープに切り替えました。

沐浴剤は持田ヘルスケアのスキナベーブ200mL(小さい容量で十分)、ベビーソープはピジョンの全身泡ソープを購入しました。とにかく最初は沐浴剤を使って、その後、赤ちゃんに合ったベビーソープを使用するのがいいと思います。

ベビー用保湿剤

赤ちゃんの皮膚はとても薄くデリケートです。赤ちゃんの皮膚は水分たっぷりというイメージがありますが、とても乾燥しやすいです。新生児の内から保湿ケアしておくことが、アトピー性皮膚炎の防止にも繋がります。朝とお風呂上りの最低2回は保湿した方が良いです。

最初は赤ちゃんの皮膚に合うかわからないので小容量のものを買うと良いと思いますが、その後は、大容量のものを購入して、たっぷり使ってあげると良いです。

我が家は、ナチュラルサイエンスのベビーミルキーローションとコストコで売っているセタフィルモイスチャライジングローションを使っています。コストコで売っているセタフィルはコスパ最強でママも使えるので、オススメです~。ママの手も赤ちゃんに触れるので、一緒のものを使えると安心ですよね!

ガーゼ・沐浴布

生まれたての赤ちゃんの胃は筒状でミルクを吐きやすいので、口周りを拭くガーゼは必須です。お風呂の時にも濡らしたガーゼで顔や体を拭いたりして使用します。毎日洗濯するなら、3~4枚で十分だと思いますが、2~3日に1回しか洗濯しないというのであれば、10枚くらいあった方が安心かと思います。

また、お風呂に入れる時に赤ちゃんが冷えないようにするために沐浴布を準備することをオススメします。赤ちゃんの胸からお腹にかけてあげるので、大判のガーゼや手ぬぐいでも代用可能です。沐浴布の使用期間は生後1~3か月くらいまでだと思うので、わざわざ購入しなくても良いかもしれません。

綿棒

へその緒の消毒に綿棒を使います。大人用の綿棒で十分かと思います。

他に便秘の時は綿棒浣腸すると良いです。綿棒浣腸には大人用綿棒ではなく、ベビー用綿棒の細いものを使用したほうが良いかもしれません。

ベビー用洗濯洗剤

赤ちゃんの肌はデリケートなので、生後1か月頃までは大人のものと分けて洗濯したほうが良いです。私は自分がアトピーなのもあり、赤ちゃんの肌が心配なので、1か月過ぎても分けて洗うようにしています。

とはいっても、分けて洗うのは時間・水道代・電気代がかかります。どうしても一緒に洗いたいときは、赤ちゃんの肌に優しい液体せっけんで、洗浄力のあるミヨシ石鹸そよ風を使用しています。

なお、大人の新品の服にはシワや縮みを防ぐ目的でホルムアルデヒドが使用されていることが多いので、新品の服は一緒には洗わない方が良いです。

ベビー用爪切り

爪やすりとセットのものが売られていますが、爪を切るハサミだけで十分です。大人用の爪切りを使用するのは難しいので、ベビー用の爪切りハサミを購入することをオススメします。

体温計

大人用の体温計で十分です。大人と同じように脇に挟んで計測できます。

ただ、赤ちゃんは動くので脇に挟みやすいものや、耳やおでこで測れるベビー用の体温計もあります。

アルコール・手指消毒剤

赤ちゃんは免疫も未熟なので、赤ちゃんに触れる前やミルクの調製前には、きちんと手指消毒をしましょう。このご時世なので、皆さんアルコールや手指消毒剤は常備されていると思います。それで充分です。

紙おむつ

新生児用の紙おむつを用意しておきましょう。最初は大体1日10回くらいはおむつ替えをします。

赤ちゃんの生まれたときの大きさや成長具合で、すぐにサイズアウトする可能性もあるので、何パックも買いだめしておくのはオススメしません。最初は1,2パック程度購入することで良いと思います。

なお、私の赤ちゃんのお尻の形のせいかもしれないですが、メリーズのオムツは漏れる可能性が高かったです。その他のメーカーは特に大差は感じませんでした。

おむつ用のごみ箱

消臭機能のあるオムツ専用のごみ箱がありますが、特に専用を購入する必要はないです。

オムツは消臭袋に入れて、密閉度の高いゴミ箱にオムツサワデーをつけておけば十分です。オムツごみの捨て方は各自治体のルールに従ってください。

我が家は、オムツをBOSの”おむつが臭わない袋”に入れ、オムニウッティLL(20L)サイズのバケツに捨てています。オムニウッティのバケツはおしゃれなので、オムツを卒業したら、おもちゃ入れなど別の用途に活用しようと思います!

おむつポーチ、おむつ収納ケース

2週間検診(産院が実施していれば)・1か月検診でおむつポーチの出番がやってきます。専用のものでなくて良いですが、オムツが5枚くらいとお尻ふきが入る大きさのポーチを準備しておきましょう。

産後は体が回復しておらず、新生児のお世話で疲労していると思うので、産前に準備しておきましょう。

私は雑誌によくある全員プレゼントに応募してオムツポーチを手に入れました。

おむつ収納ケースは室内でおむつ替えの場所が変わる時(例えば、寝室と日中過ごす部屋が別の時など)に持ち歩くのに便利です。

おむつ10枚程度、お尻ふき、手指消毒剤、ガーゼ、着替え1~2着が入る持ち手付きのカゴで十分です。

私は我が家であまり使われいていなかったマガジンラックが丁度良く使っています。

お尻ふき

シートの大きさ、厚さや水分量が選ぶポイントかと思います。最初に何種類かを少量で購入し、気に入ったものを使っていけば良いです。冬期にお尻ふきウォーマーを使用する場合は、お尻ふきウォーマーに入るお尻ふきを購入しましょう。

トイレに流せるタイプと流せないタイプがありますが、うんちをトイレに流すのは、離乳食が始まってコロコロうんちになってからなので、最初は流せないタイプでも問題ないです。

我が家は、最初は、大判厚手タイプのコストコプライベートブランドのベビーワイプを使用していました。途中から、赤ちゃんのうんちが臭くなってきて、厚さや水分量はどうでも良いから何枚も使いたいという感じになったので、ドラッグストアで一番安く売っているものを購入するようになりました。

お尻ふきウォーマー(冬期)

冬の寒い時期、おむつ替え時にお尻ふきで赤ちゃんのお尻がひんやりしないように、お尻拭きを温めておくものです。

コンセントタイプやUSBタイプのものがあります。適温になるまでの速さ、温度管理機能(安全性や複数枚温め可能か)、使いやすさ(片手で出しやすいか)を基準に選ぶと良いです。

コンセントタイプはオムツ交換場所にコンセントがない場合はハンディタイプでさっと移動できるものの方が便利だと思います。USBタイプは温まりが悪いみたいですが、外出するときなどは便利かもしれないですね。

我が家は特に拘りはなかったので、コンビのクイックウォーマーの中古品を安くで購入しました。

IKEAのベビーケアマット(ショートサム)

新生児の時は、IKEAのベビーケアマットの上にバスタオルを敷いて寝かしていました。

生後1,2か月頃になると窮屈になってくるので、このマットの上で寝かせるのは難しくなってきますが、お風呂上りに服を着せるときのマットとして活用しています。

バスタオル 3~5枚

赤ちゃんはミルクを吐いたり、ウンチやオシッコが漏れたりするので、赤ちゃんの下にはバスタオルを常に敷いています。他、タオルケットとして使うこともできます。

一日に3,4枚使うことを想定して、多めにあると安心です。

ブランケット・ベビー用毛布(冬期)

小さいうちからよく動く赤ちゃんの場合、ベビー用中綿布団は窒息しそうで怖かったので、ブランケットやベビースリープバッグが丁度良かったです。

窒息の心配がなさそうで、寒い時期であれば厚手の毛布を掛けてあげると良いと思います。

赤ちゃんは体温が高いので、大人のが羽織る枚数より一枚少なくが目安です。

肌着 5枚

赤ちゃんは汗かきなので、夏は1回は着替えが必要かと思います。夏にエアコンを24℃設定でつけていれも、汗をかいています。また、ミルクを吐いたり、ウンチやオシッコが漏れたりしたときも着替えが必要になるため、最低5枚は準備しておきましょう。

1日2~3枚使用すると思って、洗濯頻度も考えながら、必要枚数を準備してください。

真夏はユニクロのメッシュ生地の肌着が涼しくてオススメです。

ロンパース 3枚(冬期)

冬には肌着の上にロンパースを着せましょう。こちらも、肌着と同じくミルクを吐いたりしたときは着替えが必要になるので、最低でも3枚は必要です。

おくるみ

薄手のガーゼのものを持っておくと便利です。

寝かせるときに包んだり(モロー反射防止になりぐっすり寝ます)、外出時、公共のベビー台に赤ちゃんを乗せるときに下に敷いたり、風よけや日よけにも使えます。また授乳時の授乳ケープとしても使用できます。

我が家は生後3か月を過ぎた今でも毎日使用しています。お出かけの時には、タオルほど嵩張らないし、何にでも使えるアイテムになるので、重宝しています。

乳頭ケアクリーム

生まれて間もない赤ちゃんはおっぱいの咥え方が下手くそです。また初めてのママも咥えさせ方が分からないのではないかと思います。咥え方が上手くいかないと、すぐに乳首に傷ができてしまいます。

その時にはピュアレーンの乳頭ケアクリームがオススメです。赤ちゃんの口に入っても大丈夫なものです。

私は、痛いのだけは嫌だったので、入院バッグに入れて持っていきました。案の定、乳首に傷ができてしまい、入院中から乳頭ケアクリームにお世話になりました。

授乳用ブラ

ブラトップなどでも良いと思います。ただし、授乳中はおっぱいのサイズがかなり変わります。おっぱいの具合を見ながら、その都度合うものにすると良いと思います。

私の場合は、ブラトップでもサイズが合わなくなりネットで追加で購入しました。

新生児用哺乳瓶1本

母乳の出が悪い、ママの体調不良などで、粉ミルク対応になった場合、哺乳瓶が必要になるので最低1本はもっていても良いかと思います。

また、生後三か月までは週に1回、K2シロップを服用します。服用の際は哺乳瓶の乳首があると楽に飲ませることができます。

夜間授乳用ランプ

産まれたての赤ちゃんは視力はないものの、光にはかなり敏感です。昼夜の区別をつけていく意味でも、夜間の授乳時は部屋を極力暗くすることをオススメします。

専用のライトを買う必要はなく、スマホのライトにハンカチなどを被せるとかでも大丈夫です。

我が家はキャンプ用に買ったランプが家にあったので、ランプにタオルをかけて薄暗い光にして使っています。

チャイルドシート(産院から自宅を車で移動する人)

産院から自宅を車で移動する人は赤ちゃん退院までにチャイルドシートを準備する必要があります。

道路交通法で規定されていますので、必ず着用するようにしてください。

小さめの赤ちゃんを乗せるときは、シートが大きい場合があるので、フェイスタオルやバスタオルで調整すると良いと思います。その場合は、付き添いの人はチャイルドシートの横に座って、必ず目を離さず、赤ちゃんを見守ってください。

我が家はエールべべのクルット4iの中古品を購入しました。片手で軽々操作できるのと、頭のパットがしっかりしているので、赤ちゃんの頭がきちんとホールドされていて良かったです。

新生児対応抱っこ紐

産院から自宅を電車・バスで移動する人で赤ちゃん退院時や2週間検診・1か月検診に一人で行く人は持っていても良いかもしれません。家族が検診に付き添ってくれる場合は、両手で抱っこしておけば良いので、特に不要かと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代ワーキングママ”まなこっこ”です。当サイトの運営者です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる