朝食に!発酵時間なし本格焼き立てベーグル

約1時間程度でベーグル7個くらい焼けます。
休日の朝少し早起きして、ベーグルを焼くと清々しく優雅な気分で朝を迎えられます♪
産休に入ってから頻繁に作って食べていました。

目次

材料(小さめベーグル7~8個分)

  • 強力粉 300g (※1)
  • ドライイースト 5g
  • きび砂糖 20g
  • 塩 3g
  • お湯(40-50℃) 180mL
  • 茹でる用のお湯 18cmのプライパンに3~4cm程度の量
  • 茹でるお湯の用の蜂蜜 大さじ1(※2)
  • お好みのトッピング…板チョコ、クリームチーズ&冷凍ベリー、ソーセージ&チーズなど

    ※1…50gを米粉に変えてもOK。時々、発芽玄米粉で作っています。
    ※2…重曹にするとプレッツェル風になります。
  • チョコのトッピングは生地の表面にのせて焼くと焦げるので、すべて生地の中に入れて丸めたほうが良いです。
  • チーズのトッピングは生地の表面にかけると、お店で売っているチーズパンみたいな見た目になります!

作り方

  1. 強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れて、お湯を注いだら、菜箸で混ぜる。
  2. 10分くらい力強くこねる。
  3. 7等分して、4~5分休ませる。
  4. 沸かしたお湯に茹でる用の蜂蜜を加える。
  5. オーブンを200℃に予熱しておく。
  6. 生地を7等分にして、それぞれ15~18cmの長さの円柱状に伸ばす。
    片方の端の3cmは手のひらで生地を伸ばし、5cmくらいの平たい円にしておく。
  7. トッピングする場合は、生地を18cm×10cmくらいの楕円にして、具材をのせる。
    片方の端3cmくらいには、後でベーグル型にするためのつなぎ目になるので、具材は載せない方がよいです。
    手前に生地を丸めて具材を包んでいき、18cmの円柱状にする。
    片方の端3cmは手のひらで生地を伸ばし、5cmくらいの平たい円にしておく。
  8. ベーグル型に丸める。生地を円にして、平たい円にした方の生地の端で、もう片方の円柱状の端を包む。生地と生地のつなぎ目は手でつまんでギュッギュとしておく。
  9. 片面1分ずつ、両面を茹でる。
    フライ返しでひっくり返すと上手くいきます。
  10. 200℃で15分程度焼く。

トッピング・アレンジ

チョコベーグル

板チョコ1枚(約50g)の半分~8割くらいを入れます。
手で簡単に1cm程度の欠片にして、生地に包みます。
生地の表面にのせると焦げるので、すべて生地に包み込んだ方が良いです。

クリームチーズ&ブルーベリー

kiriのクリームチーズ1~2個を0.5cm角に刻みます。
冷凍ブルーベリーを片手のひら一杯程度、生地につつみます。
ベーグル型にした生地の表面に冷凍ベリーを2~3個載せると、見た目も美味しそうです!

ソーセージ&チーズ ベーグル

ソーセージは0.5cmくらいに刻みます。
チーズは普通のシュレッドチーズ50g程度を生地に包みます。生地をベーグル型にした後の表面にチーズを散らすと、見た目も美味しそうに出来上がります。どのベーグルがチーズ味かも一目瞭然になります。
ケチャップ約大さじ1程度を一緒に入れると美味しいです。ただし、生地のあちこちにケチャップが付くと生地がヌメヌメして上手く包めなくなるので、生地のつなぎ目にはケチャップが付かないようにした方が良いです。

ベーグルサンド

レタス、トマト、アボカド、生ハムなど挟んで、ベーグルサンドにして食べても美味しいです!

まなこっこ
まなこっこ

お気に入りの食器で、お気に入りの紅茶を入れて、休日の朝食を楽しむコッコ♡!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代ワーキングママ”まなこっこ”です。当サイトの運営者です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる